市川二中同窓会のホームページにようこそ

 市川二中同窓会ホームページをご覧くださりありがとうございます。私たち16期生が中学3年生(1964年)の時前の東京オリンピックが開かれ、授業の一環に白黒テレビで応援しました。コロナ渦で1年延期された東京オリンピックでは日本の選手団が大活躍でした。
 さて二中同窓会の設立経緯やその後の活動状況は別稿に譲りますが、私の基本的な考え方や、同窓会の存続理由についてを述べます。
 最初に私の考えの基本になっている二つの言葉(座右の銘)を紹介します。
 ①「囃されたら踊れ/故立川談志師匠」私、総会で出席者の皆さんから囃されて会長に就ています。他の人から頼られている事に責任を感じます。
 ②「人生すべて当たりくじ/故塙 明彦氏」私が会社員時代の恩人です。退職後25年以上経ってもご交誼を頂いましたが2019年他界されました。 会長を担っている今もこの事を念頭に置いて過ごしています。
 さて、私以前の会長は、同窓会を一から建ちあげたので経験豊富でした。 現在は再発足後に役員として携わった者が会長・副会長を構成していますので、力不足かと思いますが皆様のお力を拝借して進めて参りたく考えます。
 私は当会を継続・発展させるため、以下の点に注力したいと考えました。まずは財政基盤の健全化に手をつけました。 2021年の会報に「会報継続希望の有無」を問い、結果以下の手段を採用する事にしました。 ①継続希望会員、②ハガキや賛助金の協力会員、③卒業後10年間の会員へ会報の発送をする事です。 この事に手をつけて財政基盤安定の第一歩にしました。
 最後に、会員の皆様方へのお願いが有ります。 まず第一点は賛助金について、少額でも構いませんので大勢の方々に協力をお願いします。 次に、次代を担う人材の紹介を 頂きたい事です。 三点目は「同窓会が活動をしている理由」の意義です。 市内は元より千葉県内でも稀な公立中学校に有る歴史を刻んだ「市川市立第二中同窓会」は「母校の歴史と伝統を守り語り継 ぐ」ことに尽きると思います。 戦後70年余りになる歴史を語り継ぐ事が当会の使命かと思います。 以上簡単ですが挨拶とさせて頂きます。

      2021年11月1日  同窓会会長 斎藤 康(16期)