★第20回記念総会の記録

第24回定期総会報告

2021年10月1日掲載
 昨年第23定期総会は、折からのコロナ感染症対策で止む無く中止しました。 今年の24回定期総会も同様の危機にはありましたが、 会則にもとづく役員改選などもあり、 規模は縮小しましたが何とか開催することができました。


受付風景


会場全景(校長先生のご挨拶)
 今年の第24回定期総会は、 6月19日(土)午後1時より「山崎製パンクリエイションセンター」の研修室をお借りしまして行いました。 折からの「緊急事態宣言」下ではありましたが、 検温・マスク着用・接近注意などの感染予防対策をとったうえで、 36名の会員の参加のもと議事に限って開催しました。

 斎藤康会長の挨拶とこの間お亡くなりになった役員(2期吉田和雄さん、8期柿本正子さん)はじめ、 この間に亡くなられた会員の方を偲び黙とうを捧げました。
 続いて石田清彦校長からのご挨拶をいただいたのち、 16期の安藤達夫さんが議長に6期の井上冨美子さんが副議長兼書記に選出されました。
 議事では、

が行われました。


議事風景
 経過報告とその承認は鈴木尚賢総務企画委員長より報告され、止むを得ない事情での中止という対応が承認されました。続いて活動報告と活動予定が鈴木総務企画委員長から、会計決算と今年度予算が武井喜美子会計委員長から報告され、監査結果が松田恵子さんより報告されました。審議では異議なく関連の議案が承認されました。
 会則の一部追加では「前年度の定期総会中止の措置は会則に決まりが無かったため、評議委員会の意思で決定したもので、この教訓に則り、同窓会会則に『総会の中止・延期に関する条項』を新たに追加する」との提案が提出され、協議の結果、「提案文面の表現を整えること」「中止連絡に際しての伝達媒体として同窓会ホームページの活用も考慮すること」との意見が出され、この二点は直近の評議委員会に委ねること(評議委員会議事録等を閲覧)を確認して承認されました。

 議事の最後に、斎藤康会長兼役員選出委員長より基本的に留任という提案(8期柿本さん15期石川育夫さんの退任以外)を受けて選挙を行った結果、全会一致で新役員が選出されました。

新役員一覧(敬称略・カッコ内の数字は卒業期)
会長斎藤康(16)
副会長鈴木尚賢(14)、安藤達夫(16)
理事桑村益男(1)、三村武教(5)、井上冨美子(6)、宮崎久子(8)
原田健雄(13)、印出博美(14)、高柳昌弘(14)、中嶌和子(14)
伊藤あい子(16)、武井喜美子・会計委員長兼任(17)、藤本きよ子(19)
栗本拡彦・会報委員長兼任(25)、他31期1名
会計
監査
石川順子(4)、松田恵子(5)

 今回の総会は、議題以外のアトラクションなどはすべて中止しました。